和白分団
HOMESRT(小規模救助技術)

災害時に役立つロープワーク!これだけはマスターしたい結び!!

ロープワークには、■コブを作る結び ■ロープ同士をつなぐ結び ■柱などに結びつける結び ■輪を作る結び等等があり、結びの方法は世界に4000種類以上(もっとという説も)有るといわれています。その中から、これだけはマスターしたい!結びを8種類ピックアップしました。我々はプロではありません。場合によっては被災者・要救助者になる可能性の方が高いはずです。かく言う私も、有事の際は死亡していたり、脚を骨折しているケース等が充分に想像できます。被災する時と場所は選べない、そして災害は起こるものであることは、揺ぎ無い事実です。ですから、一般市民たる私達が被災しながらもプロの救援が来るまでの3日間を生き延びるため・助けるための方法を探りたいと思います。ここで取り上げるロープワークは日常生活やアウトドアで活用できるものばかりです。先ずは興味を持っていただき、楽しみながら練習してもらえたら幸いです。

もやい結び(ボウライン・ノット)

『もやい結び』とは?船をもやう時などに使われます。簡単に結べ、強度が高く、水に濡れても簡単に解けます。キング オブ ノットと言われるほど実用性が高い結びです。ただし、できた結び目に直接負荷がかかると解けやすいそうです。基本を覚えたのち、変形ボウラインの練習をお勧めします。

本結び(スクエア・ノット)

※更新中につき暫くお待ち下さい。

巻き結び(クラブ・ヒッチ)

※更新中につき暫くお待ち下さい。

8の字結び(フィギュア・エイト・ノット)

※更新中につき暫くお待ち下さい。

テグス結び(フィッシャーマンズ・ノット)

※更新中につき暫くお待ち下さい。

ランタン結び(フレンチ・ノット)

※更新中につき暫くお待ち下さい。

ねじ結び(ティンバー・ヒッチ)

※更新中につき暫くお待ち下さい。

丸太結び(ログ・ヒッチ)

※更新中につき暫くお待ち下さい。

このページのトップへ